--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺的@気になった記事 part9

2010年02月05日 15:43

CSP.jpg
Counter-Strike1.6 トッププレーヤーの『CSPromod』インプレッション | Negitaku.org e-Sports

いよいよCSPのbateが始まりました。
しかしCS1.6のプレイヤーからの評価は良いですがやはり1.6には適わないようですね。



wazorN:CSPのグレネードは、投げているときに見た目がおかしいほど大きすぎます

gob b:CSPはあまり好きではありませんでした。フィーリングはCS1.6 よりも CS:S に近い

danzer:少なくともCS:Sourceよりは良かったと思いますが、完全バージョンのCSPがCS1.6を超えるとは思えません。

natu:ポテンシャルを秘めていると思いますが、調整が必要でしょう。グレネードが少し遅く感じられます。総合的にはかなり良い MOD であり、洗練されれば将来性があるかもしれません。

Negitaku現時点では、共通してグレネード・モデル・動きなどに不満が出ていました。
CS1.6 は超えられない、という意見も多かったですが、将来性に期待する選手もいました。
CS1.6 を愛している人たちの意見なので、「そう簡単には認められんよ」という感じで辛口な印象でした。


DHARMAPOINT rogo

fumio 氏によるゲーミングマウス『DHARMA OpticalGamingMouse』レビュー | Negitaku.org e-Sports
思ったより評価が良かった。しかし、125Hz の場合は中?高速の動作で不安定な動作を見せる結果となり、500Hz では非常に安定した動作が確認されています。だとCSとかは大丈夫そうだけどポーリングレートを125異常にするとSAだと波打つかもしれないので注意。


ZOWIE logo
ゲーミングマウスパッド『ZOWIE SWIFT』 2 月に国内販売開始予定 | Negitaku.org e-Sports


ZOWIE SWIFT 特徴
・インジェクション方式(射出成型)で作られる、均質で安定した構造。
・素材配合を工夫し、軽量で丈夫な作りとしました。
・マウス操作の妨げにならないよう、四辺のフチを滑らかに成型。
・滑りやすく、かつ、コントロール性に優れた低抵抗サーフェイス。
・表面の模様を工夫してあり、各社ゲーミングマウスのセンサーとの相性は良好。
・底面の滑り止め+クッションとして、ゲル状のラバー素材を採用。
・高いグリップ力で、マウスパッドの動き・ズレを防止。試合に集中できます。
・水洗いで粘着力が復活。

発売は2010年2月中には発売予定らしく、日本だとブラックとブルーのみらしいです。
滑りやすいってのが気に掛かるな。好評だったらSWIFTでよくS&S oldより滑るなら4Dをもう一枚買おうかな。

詳しい感想は↓
ゲーミングマウスパッド『ZOWIE SWIFT』プロトタイプ版ファーストインプレッション | Negitaku.org e-Sports

スポンサーサイト


コメント

  1. ふぅたろぉ | URL | -

    zowieそのマウスパッド水洗いで復活っていいなv

    最近ほしいものがいっぱいありすぎるw

  2. EruJiLab | URL | JXoSs/ZU

    >ふうたろお
    自分も欲しいものがありすぎて・・・。
    君も立派なデバイス厨(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lglab.blog63.fc2.com/tb.php/99-a9ffecb6
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。